earthnotes.net - Blog

徒然思う事をだらだらと。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SHURE SRH840

SHUREのSRH840を購入しました。
まだエージング中なのですが、とりあえず雑感。
(色々聴いたトータルのイメージだと今の所ちょっと低音が強い様に感じますが、エージングで中~高音域が上がってくれば良い感じになるかなと思ってます)

一番は、SHURE自身が売りにしてる通り、音の解像度が高いです。今まで聴こえなかった音も聴こえてくるので、そういった意味では違和感というか、新しい発見があります。
記憶上では音の無い所で音が鳴ってるので逆に目立つんですかね。そんな感じです。

いくつか曲を聞いた感じだと、まぁモニター用ヘッドフォンという事もあるので、原音に忠実ですね。
つまりミックス時のクセや編集がそのまま出てきます。うまく調整された音も、そうでない音もそのまま出てくる。

カラヤン指揮の「シェエラザード」(1967年収録)を聴いてみたんですが、一つ一つの楽器の音は繊細に聴こえます。特にハープの高音域あたりはとても綺麗です。また残響や余韻もより自然な感じに鳴ります。
逆に、編集のミス(明らかに切り貼りした部分)も顕著に聴こえてきます。急に残響だけか消える所とか。今までも気づいていたんですが、他にも何カ所かそれっぽい箇所を発見しました。ちょっと凹んだw。
(これをTwitterに流したら「ハイビジョンで言う『見え過ぎ』と同じですね」というRTが。まさにその通り!)

あと気づいた所だと、ジャズピアニストのRandy Westonはピアノ弾きながら結構歌ってるのねw。

ロック系だと、ガンズはギターが強調されたミックス(といってもちゃんとベースもしっかりしてる)だし、Queenはその当時の機材の音(ちょっともっさりしてるが仕様がない)で聴こえます。

あとiTunes上でいくつかの曲に対してイコライザ設定をしていたんですが、SRH840でそのまま聴くと逆に変な音になってしまいました。その設定をフラットにすれば好みの音になりました。

何が言いたいかというと、結果的にイコライザ設定は曲に対して行っていたのではなく、今まで使っていたヘッドフォン/スピーカーに対して行っていた、という事を改めて感じました。
出てきた音に対してヘッドフォンの特性が合わないから、イコライザで無理矢理合わせていたと。

しかしこのSRH840は音をそのまま鳴らしてくれるので、音質調整する必要が無い。。。というか、少なくともCD制作側は聴いて欲しい音質調整を既に施している筈なので、その音に非常に近い音で鳴ってくれる訳です。
(まだエージング中なので確定ではありませんが。。。今の所iTunesのイコライザで言うと125hzを一メモリ弱くしたのが個人的には好みです。後々フラットになってくれれば良いんですがね)

と書いてて気づいたんですが、このSRH840に求める物は「音質(低音が~高音が~)」ではなく、「音の輪郭」ですね。

つまりSRH840について「音質のバランスはどうか?」と聞かれたら「その曲のミックス次第」という答えになります。
ただ音そのものは際立っているので「一つ一つの音の輪郭」という意味ではかなりくっきりしていると言えます。結局それも収録時の音質のクオリティではあるんですが。

そこを突き詰めて行くと、機材メーカーからスタジオデザイナー、録音スタッフの技量っていうのはやはり「巧の技」なんですね。上記「シェエラザード」だと42年前に「高い解像度」を記録してくれていたんですから。恐れ入ります。

そしてこの性能が、2万円前後という破格の値段。ここが一番驚くところかと。

という訳で、原音の忠実さと音の輪郭を求める方へのヘッドフォンという事でオススメします。もちろん制作側にもオススメ出来る逸品だと思いますよ。
スポンサーサイト

| Music | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WindowsのDAWを選定中

基本作曲はMacでやってるんですが、そのMacの横に無駄に高機能な(といっても32bitですが)Windowsがありまして、そのWindowsを音源として使ってみようって事で色々考えてます。

条件としては:
・ポートは勿論、MIDIチャンネルを個別に受信、処理してくれる
・VSTiを使える
・トラック数がある程度ある
・MIDIクロックかMTCでの同期に対応し、スレーブ時に再生/停止にちゃんと反応してくれる(マスターはLogic)
・出来ればReWireに対応してればありがたいかも
・安い(ここ重要w)

で、いくつかDAWのデモを落としてみたんですが、やっぱりLogicに慣れてると取っつきにくいですねぇ。ここをこうすればこうなるはず、ってのが通用しないw。
ま、それはお互い様ですよね。

色々試した結果、これは使えるかなーっていうのが
Reaper
SONAR LE
SONAR Home Studio 7
(SONARシリーズはSONAR8体験版でチェック)

です。
LiveとFL Studioは用途が違うので今回は外しました。Cubaseは体験版が無かったのでパス。

この中で同期の反応が一番良かったのはReaperでした。
LogicのMIDIクロック時(SPP)時にはテンポに合わせてくれます。しかしテンポを途中で変更するとクリッピングが発生。
WindowsがASIO対応のサウンドカードではない=ASIO4ALLで試したのがマズかったのかも知れません。

SONARは同期する為には再生状態にしておかなくてはならない(再生前にスペースバーを一回押す)みたいで、それをやってないと同期してくれませんでした。
またMIDIクロック同期で再生中にテンポを変更すると、画面上「だけ」はそれに追従します。。。そう、画面上「だけ」。
実際に出ている音はテンポが変更されてないタイミングで鳴っていました。つまり画面と出音が同期してないという面白い事にw。
体験版だからかも知れませんし、どこか設定を間違ってる可能性もあるわけで。。。

しかしどちらもMTC時にはスタート、ストップには問題無し(他のDAWだと問題アリもあったので。。。)。Home Studio 7はMIDIクロック(SPP無し)で対応出来そう。
なのでテンポ変更が必要な時は手書きやSMFで渡す等で対応するか、MIDIチャンネルで賄える場合は音源として割り切るってのもアリなので、何とかなるかなぁと思います。
そしてReWireマスターにもなってくれます(あ、目的はボカロですよもちろんw)。

そして最後に、その他条件な訳なのですよ。
Reaperは商用利用が225ドル。ディスカウント版が60ドルですがちょっと条件に当てはまらないから225ドルかなぁ。。。

SONAR LEはバンドル品なので、対象品の値段次第で225ドル以内に収まります。
同じく対象品次第でHome Studio 7ともそれほど違わないし。

という訳でSONAR LEにしようと思うのですが、じゃあどの対象品?となる訳で汗。
PCR300の様な省スペースキーボードも欲しいんだよなぁ。それともASIO対応サウンドカードにすべきか。。。

しかし、問題を更に複雑にする事情が。。。!

今、ローランドグループのブランド移行(EDIROLからCakewalkへ)の最中で、尚かつ上記リンク先でも分かる通りバンドル品自体がSONAR 8.5 LEに近々バージョンアップする模様(というかそういう認識で良いんだよね?)。
ロックオンeStoreのEDIROL製品を見てもほとんどが取り寄せ、残りも希少状態ですし、これは待った方が良いのかな、なんて思ってます。
(楽器フェアに展示してるのか検索したんですが、今一反応無しですね)
対象商品が変わるかも知れないし、かといって新製品が出る可能性も捨てきれない。。
下手するとSONAR LE自体の同期機能が削られてるかも、ってのも心配の種w。
そうなるとHome Studio 7にすべき??

そんな感じで最近悶々としています。。。w

| 未分類 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。