earthnotes.net - Blog

徒然思う事をだらだらと。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Melodyne Editorを触ってきました

IMSTA Festaに行ってきました。
目的はMelodyneの次期アップデートのMelodyne Editorのセミナーです。


。。。この名前よりDNA(Direct Note Access)のほうが分かりやすいかなw。

という事で、DNAを取り巻くMelodyne Editorの現状説明を纏めてみます。
続きでどうぞー。

≫ 続きをよむ

スポンサーサイト

| 音楽ネタ | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今の日本は凄い

政治ネタで申し訳ありませんが、動画を一つ紹介します。

日本のマスコミが報道しなかったG20に於いて、何が決まったのかを分かりやすく纏めて頂いた方がおりました。その動画です。
(ニコニコ動画のアカウントが必要です)

自民党や麻生首相が嫌いな方も、ぜひ一度目を通して頂きたく思います。
国を担うとはどういう事か、ちょっと分かるかも知れません。



かなり前に「神様はいるんじゃないか?って思うくらいタイミング良く偶然が重なる事がある」と書いた事がありますが、私個人としては、今、麻生さんが首相になられているのもその一つであると強く感じています。

| 政治/国際 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mac miniでクワイア

Quantum Leap Symphonic Choirs(QLSC)を買いましたー。

このQLSC、初音ミクさんの様に台詞を歌わせる事が出来ます。
これをMac mini(Core2Duo 2G/mem4G)+Logic Pro8で使ってみたので、メモ目的も兼ねて書いてみます。

続きでどうぞ。

下記はSaffire PRO 40&外付けHDDのディジーチェーンをご検討の方向け情報です。

QLSCを買うにあたって、さすがにDFDによるレイテンシの心配があったので、FW800のHDD、LaCie d2 Quadra (500GB)も追加購入しました。
(実作業としては、まだ本格的な使い方はしてません)

このHDDからSaffire PRO 40にディジーチェーンしてますが、Mac miniとHDD、Saffireの全てに電源投入すると音が鳴らない現象が起こります。Saffireが認識されてない訳ではなく、音のデータだけ出力されない感じです(サウンド/Audio MIDI設定では割り当てられているし、Saffire ControlでMONITORの設定をいじっても反応しますが、レベルメーターは反応無し)。
とりあえず再起動すれば問題は解決するので、今の所それで回避してます。
まだ調べてませんが、電源投入の順番などのコツがありそうです。
調べました。結果、Saffireを最初に、次にHDD、最後にMac miniを起動すれば問題なく起動できます。まぁ昔から言われてる「一番遠くにある周辺機器から」って言う定説のまんまでした。

さらに調べたんですが、どうもそれでも無い様です。今の所一番確実なのは
「HDDとMacが起動完了した後にSaffireの電源を入れる(または入れ直す)」です。
一番困ったのはスリープから復帰するとSaffireから音が出ない事。今の所100%です。
DAWが起動していると、Core Audioが初期化されるのでちょっと困った事に。
ちょっとオススメできなくなってきました。。。

ちなみに配線は、Mac-HDD-(800-400変換ケーブルで)-Saffire となってます。
FW400で繋げばいけるかなぁ。。。また調べます。


ーー追記 & 訂正ーー

LaCieのFW400ポート経由でSaffireと接続した所、起動およびスリープ復帰時にも認識してくれる様になりました。

またスリープ時ですが、LaCieもちゃんとスリープしてくれている様です。フロントの青いランプは点いたままなので勘違いしてました。すいません。

≫ 続きをよむ

| Music | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミキサーを掃除

今使ってるミキサーがそろそろ10年ほど経つ事もあり、色々な所で接触が悪くなってきてまして。
買い替えれば良いんだけど、諸事情で中々踏み切れず。。いや、まだ使えるし!
で、まぁ中に溜まったホコリを掃除しちゃえばちょっとは直るかなと思って実行してみました。
モノはMackieのCR-1604VLZ。すっかり昔の機材になっちゃいましたねぇ。
mixer_01.jpg

開けるのは初めてだったので、構造がよく解ってないw。とりあえず基盤上部が見えるまで分解してみるか、って事でやってみると意外と大掛かり。

結局底面のガワを外さないと上面も取れない。しかも(今数えてみた)六画レンチのネジ20本、ノブ171個(!!。。。いやまだ16chだからこんなもんだけど48chだと約3倍だしなぁ)、フェーダー21個を全部外すのは超メンドーだったので、写真の所で妥協。エアスプレーで吹き出しました。

底面にもホコリが溜まってて、さすが10年モノだなぁと思いましたよw。
結果、かなり改善されました。ガリってたのもスライドや押し直しでなんとか復活したし、もう死んだかなと思ってたチャンネルが1つあったんですが、それも復活しました!これは素直に嬉しい。

これでもうしばらく使って行けそうです。

| 未分類 | 20:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。